アリガタバチ

形がアリに似ているためアリガタバチと呼ばれる。シバンムシなどの他の虫の幼虫に寄生し、6~9月頃、大発生することがある。その場合は人を刺す被害が起きます。