住まいの中の害虫

住まいの中の害虫

衛生害虫とは、人体に衛生上の害を与える昆虫群のことで、伝染病を媒介したり、人を刺したりするものだけでなく、不快感を覚える気持ちの悪い虫などを指します。

建物と住む人の健康は床下から!大切なマイホームを守るには、プロの床下点検による状況把握と完璧な予防処理が不可欠となってきます。湿気やシロアリの被害を受ける前の予防処置はいまや常識。あなたのお住まいにも三和消毒の床下点検と予防処理100%の安心をお届けします。
※防除処理には安全性の高い日本シロアリ対策協会認定の低臭性薬剤を使用しております。

カメムシ カメムシ カマドウマ ワラジムシ クモ アリガタバチ ノミ ネズミ タカラダニ ジバンムシ ダニ ダニ チャタテムシ シロアリ ヤマトシロアリ ダンゴムシ アリ ムカデ ケムシ ハチ
20_img1

イエシロアリ

特徴 1

主に海岸線に生息しています。
大きな巣を作り、1つの巣に生息する個 体数は100万にも達する場合があり、家の被害も甚大です。
水分を運ぶ能力がある為、床下だけでなく、屋根裏の梁まで被害が及ぶことがあり ます。
羽アリは6月から7月の夕方から夜に群飛します。

特徴 2

シロアリは昆虫分類学上では等翅目(等しい羽根をもつ仲間)に分類され、ゴキブリに近い昆虫です。アリとは全くの別物です。
地球上に約2000種以上、日本中では20種程度、関西地方で生息するシロアリはヤマトシロアリとイエシロアリの2種類で大勢を占めます。
それと少数ですがアメリカカンザイシロアリがいます。

出現時期 8月 , 9月 , 10月
, 茶
大きさ 5mm~10mm
有り
出現場所 天井・屋根 , 家内
19_img1

ヤマトシロアリ

特徴 1

日本全国に生息しています。
大きな巣を作るのでなく、土台等の食害部分が巣をかねています。
乾燥に比較的弱いので、湿った木材や地中に生息しています。
1つの巣に生息する個体数は数千~5万匹ほどです。
京阪神地域の95%はこの種で、山の中、公園、庭等、自然界で普通に生息しています。
羽アリは4月から5月にかけての日中に群飛します。

特徴 2

シロアリは昆虫分類学上では等翅目(等しい羽根をもつ仲間)に分類され、ゴキブリに近い昆虫です。アリとは全くの別物です。
地球上に約2000種以上、日本中では20種程度、関西地方で生息するシロアリはヤマトシロアリとイエシロアリの2種類で大勢を占めます。
それと少数ですがアメリカカンザイシロアリがいます。

出現時期 8月 , 9月 , 10月
, 黄 , 茶
大きさ 5mm~10mm
無し
出現場所 天井・屋根 , 家内

アリ

特徴 1

アリの害としては、(1)咬んだり刺したりする、(2)砂糖などの食品に集まる、(3)羽アリとして人家内に大挙侵入し不快害虫となる、の3つがあります。

特徴 2

アリも羽アリになります。
よくシロアリの羽アリでは? とお問い合わせを頂きます。

一番簡単な区別方法は羽の大きさです。

出現時期 6月 , 7月 , 8月 , 9月 , 10月
, 赤
大きさ ~5mm
無し
出現場所 天井・屋根 , 家内 , 外周
17_img1

ムカデ

特徴 1

ムカデ類は、野外に草むら、林の落葉下、石垣の間などにす潜んでいるが、しばしば人家内に侵入し、さわったりいじめたりしなくても、いきなり咬みつくたちの悪さを持っている。

, 茶
大きさ 10mm~15mm
無し
出現場所 天井・屋根 , 水廻り , 家内
16_img1

ヤスデ

特徴 1

戸外の落葉下、朽木の中、石の下などに多く、もっぱら腐植質を食べているのが、時に屋内に侵入してくる。毒や臭いなどはとるに足らないものではあるが、見た感じから来る不快害虫の要素が強い。

出現時期 8月 , 9月 , 10月
, 茶
大きさ ~5mm
無し
出現場所 水廻り
15_img1

ダンゴムシ

特徴 1

草鞋形をしていることから名の付いたワラジムシは、ゴミ捨て場、植木鉢、花壇、床下などに住み腐植質を食べている。外的に出会うと体を丸めてダンゴ状になるダンゴムシは、朽木、枯葉、石の下などに住み腐植質を食べている。どちらも普段は掃除屋としての役割をしているが、屋内にも侵入して不快がられる。

出現時期 8月 , 9月 , 10月
無し
14_img1

シロアリ

特徴 1

分類学的にはゴキブリに近い関係にある昆虫で集団生活を行う。有翅虫の翅の形が前・後翅共、同じ大きさで別々に動く。

出現時期 8月 , 9月 , 10月
有り
13_img1

ワラジムシ

特徴 1

草鞋形をしていることから名の付いたワラジムシは、ゴミ捨て場、植木鉢、花壇、床下などに住み腐植質を食べている。外的に出会うと体を丸めてダンゴ状になるダンゴムシは、朽木、枯葉、石の下などに住み腐植質を食べている。どちらも普段は掃除屋としての役割をしているが、屋内にも侵入して不快がられる。

出現時期 8月 , 9月 , 10月
無し
12_img1

チャバネゴキブリ

特徴 1

一般家庭でよく見られる大型のクロゴキブリと違い、成虫で11~15mmで成虫となる。
体は黄褐色、背中に1対の黒色の斑紋がある。
ビルや飲食店、調理場など業務で使用する厨房に多い。
繁殖力が旺盛で、薬剤に対する抵抗性も強い。
屋内居住種は一年中暖かいため、冬季でも活発に活動する。

出現時期 1月 , 2月 , 3月 , 4月 , 5月 , 6月 , 7月 , 8月 , 9月 , 10月 , 11月 , 12月
, 黄 , 茶
大きさ 10mm~15mm
有り
出現場所 水廻り , 家内
11_img1

チャタテムシ

特徴 1

多湿な場所を好み、よくコナダニと混同される。多くは野外性だが、一部の種類が屋内に住み食品などを加害する害虫となっている。

出現時期 8月 , 9月 , 10月
無し
10_img1

ジバンムシ

特徴 1

大多数の種は屋外で樹木などを加害し、ごく一部の種が屋内で建材、畳、植物質の食品を加害する。

出現時期 2月 , 3月 , 8月 , 9月
, 茶 , オレンジ
大きさ ~5mm , 5mm~10mm
わからない
出現場所 水廻り
9_img1

アリガタバチ

特徴 1

形がアリに似ているためアリガタバチと呼ばれる。シバンムシなどの他の虫の幼虫に寄生し、6~9月頃、大発生することがある。その場合は人を刺す被害が起きます。

出現時期 7月 , 8月 , 9月
わからない
8_img1

カマドウマ

特徴 1

本来は森林中で落葉や朽木を食べているが、人家内に生息する種類は野菜を食べることがある。

出現時期 8月 , 9月 , 10月
, 茶
わからない
7_img1

カメムシ

特徴 1

外的から身を守るために独特の臭いを出す虫として有名。越冬のため大群が屋内に侵入する習性を持つものが問題になる。

出現時期 7月 , 8月 , 9月
わからない
6_img1

ケムシ

特徴 1

ドクガ類やイラガ類などの有毒なケムシが有名な反面、意外なことに刺したりかぶれさせたりするケムシは全ケムシのわずか2%位だという説があります。多くは不快害虫なのでしょう。

出現時期 7月 , 8月 , 9月
無し
5_img1

タカラダニ

特徴 1

人を刺すということはないようですが、若葉の季節に突然、赤くて小さいものが大量に発生しますので気味が悪いという意味で衛生害虫です。

出現時期 8月 , 9月 , 10月
大きさ ~5mm
無し
出現場所 天井・屋根 , 家内 , 外周
4_img1

ハチ

特徴 1
出現時期 2月 , 3月 , 5月 , 8月 , 9月 , 10月
有り
3_img1

ノミ

特徴 1

シラミが下等昆虫の代表なのに比べノミはかなり高等な昆虫である。ヒトノミは極端に減少したが、近年はネコノミによる被害が多く見受けられるようになった。

出現時期 2月 , 8月 , 9月 , 10月
わからない
2_img1

ダニ

特徴 1

ダニは、正しくは昆虫ではなく、クモの親類です。マダニなどは、文字どうりダニのようにしつこく、食いついたらまるまる太るほど吸血し、無理に離そうとすれば口吻が皮内に残る。
また、室内塵中のヒョウダニは気管支ぜんそくや鼻炎のアレルゲンとして有名である。

出現時期 8月 , 9月 , 10月
無し
1_img1

ネズミ

特徴 1

多くは野ネズミだが、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種は、家ねずみと呼ばれ屋内でも普通にみられる。

出現時期 1月 , 2月 , 3月 , 4月 , 5月 , 6月 , 7月 , 8月 , 9月 , 10月 , 11月 , 12月
大きさ 20mm~
無し
出現場所 天井・屋根 , 水廻り , 家内 , 外周

参考資料:目で見る衛生害虫(全国農村教育協会)、ねずみ衛生害虫駆除ハンドブック(財団法人日本環境衛生センター)